顔のコンプレックスでお悩みであれば美容外科へ行こう

理想的な目

ウーマン

まぶたを呼ぶ時の名称は、一重まぶたや二重まぶたという呼び方以外にも様々な呼び方があります。これはまぶたの腺の入り方によって呼び名が変わってくるので覚えておくと良いでしょう。二重の腺があるものの、腺が奥に隠れている物を奥二重といいます。実は一重だと思っていた人が、実は二重だったという経験をしたことがある人は既に知っていると思います。他にも、末広二重や並行二重などもあります。ちなみに末広二重は日本人には多く、二重の人は大抵末広二重といえるでしょう。並行二重は、日本人にはとても少ないです。アジア圏以外の海外では並行二重の人が多くいます。並行二重は、目の横幅が広く目自体が大きく見えるのが特徴的です。末広二重は、蒙古ヒダの存在によって並行二重になりきれない二重といえるでしょう。
だから目を二重にする時の美容整形手術では、この蒙古ヒダを切除して並行二重にする人もいます。大宮にある美容外科では二重にするための施術を受けることが可能です。多くの人は平行二重のようなパッチリとした目に憧れを抱いています。よって一重の人はパッチリ二重を手に入れるために、大宮などにある美容外科へ足を運ぶのです。並行二重にすると顔の印象が大きく変わります。目が大きくなることで、その人の魅力が一段と増すのです。並行二重でなおかつ顔立ちがクッキリしていて立体的だと派手な顔になります。派手な顔の人はメイクなどをしなくても、十分きれいな人が多いです。美人や可愛いと評価の高い芸能人も平行二重の人が多いです。末広二重はどちらかというと落ち着いた印象があります。並行二重のような派手さは無いものの、違う魅力があるので好きな人には人気のある二重といえるでしょう。大宮にある美容外科で初めて二重にしようと考えている人は自分の希望にもよるのですが、まず埋没法などから始めてみてはいかがでしょうか。埋没法はメスを使わないで二重にする手法です。埋没法は特殊な糸を使い二重にします。大した傷もできないので施術を受けた日からすぐにいつも通りの生活に戻ることができるので楽です。人によってはメスを使って施術を受けることに抵抗がある人もいます。
そんな人には特におすすめの施術方法といえるでしょう。埋没法は仕上がりも自然なので、翌日仕事に行ったとしても周囲に気づかれにくいです。また、ダウンタイムなどがないので仕事を長い間休む必要が無いというのも良い点だといえます。埋没法以外では切開法というのがあります。切開法ではメスを使い施術を行うのですが、この切開法はメスを使うことが大して気にならない人や、少しの期間仕事を休める人などにはおすすめの施術方法です。目頭を切開することにより、並行二重にすることが可能となります。並行二重に憧れる人にはもってこいの施術方法なのでチェックしておきましょう。大宮にある美容外科のホームページを見ることで様々な情報を入手することができるので探してみましょう。